パナマ文書 ジャーナリスト 死亡

国際調査報道ジャーナリスト連合(icij)は、パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した新情報の一部を公開した。 今回のパナマ文書の最初の報道は2016年4月3日になされた。 【随時更新中】全世界を震撼させている「パナマ文書」問題。ワシントンに本拠を置く「国際調査報道ジャーナリスト連合(icij)」は、10日の日本時間午前3時、タックスヘイブンに設立された世界21万4000法人の情報などをホー… (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); フィリピンの首都・マニラでは、人口集中による交通渋滞や大気汚染を軽減するため、フィリピン初の地下鉄事業をスタートしている。そんなマニラの未来にかかわるプロジェクトに、日本の企業が貢献することとなり、フィリピン国内から喜びの声が上がった。, ニュージーランド政府が、自国民のためだけでなく、近隣の島国にも、購入したワクチンを無料で提供することを進めていることが明らかとなった。, 21日の冬至の日に、木星と土星が上空で接近する現象が起きたが、ネットにも当時の様子を捉えた動画や写真などが投稿されている。, イタリアにあるポンペイの遺跡から、暖かい食事を提供していたファーストフード店と思われる痕跡が発見された。, イギリスの公共放送局「Channel 4」が、異色のクリスマスのメッセージを放送した。, 悲しいニュースであふれた2020年。そんな1年を吹き飛ばすような明るいニュースが、米アリゾナ州から発信されている。, アフリカ・ナイジェリアの疾病予防管理センター(CDC)は先週、新型コロナウイルスの新たな変異種を発見したと発表した。, Panama Papers journalist killed by car bomb outside her home, マイクロプラスチックは予想より10倍以上も海に流れていた可能性:英国立海洋学センター, 夫に授乳したり、洗濯物を冷蔵庫に入れたり…調査で分かった睡眠不足時のおかしな体験例. パナマ文書に関するニュース・速報一覧。パナマ文書の話題や最新情報を写真、画像、動画でまとめてお届けします。2017/10/20 - 産経新聞コラムが物議 パナマ文書の記者爆殺に「日本の新聞記者でよかった」 - 産経新聞の1面コラム「産経抄」の内容が物議を醸している。 つい先日の2017年10月16日、地中海のマルタ共和国でパナマ文書をもとにして政府を追求していた女性ジャーナリストのダフネ・カルアナ・ガリチアさん(53)が殺害されました。 パナマ文書に記載されている法人や個人名が2016年5月10日に公表されることがicijから発表され、日本時間10日午前3時に公開されました。 21の回避地に設立された20万社以上、関連する37万人が、関係する国ごとに整理され、名前からの検索も可能となる見通し。 昨年、公表され世界に衝撃を与えた「パナマ文書」。この暴露に携わったジャーナリストの1人が爆殺された。, 死亡したジャーナリストとは、イギリス連邦のマルタ共和国で活動していた、Daphne Caruana Galiziaさん(53)。, 10月16日の夕方、彼女が乗っていた「プジョー108」が、自宅を出発した直後に爆発。車には爆弾が仕掛けられていたとみられ、車体が近くの畑にまで吹き飛ばされているのが発見されたという。, その後、当時運転していたGaliziaさんの遺体も見つかり、死亡が確認されたそうだ。彼女の死を受け、マルタの首都バレッタに近い街、セント・ジュリアンやスリマでは、16日夜、市民およそ3000人が集まりカルアナガリチアさんの死を悼んだそうだ。, 「パナマ文書」とはパナマにある法律事務所「モサック・フォンセカ」の機密文書のことで、そこには高い課税を回避するために、税金の安い他の国にペーパー会社を作り、資金を移していた21万4000社の企業や個人の名前が記録されていたとされている。, この文書は、タックスヘイブン(租税回避地)を「活用」した課税逃れの実態を調査してきた国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)によって昨年4月に公表され、Galiziaさんもそのメンバーの1人だったという。(メンバーは80カ国、400人に及ぶ), 高い収益を上げた企業が第三国へ資金を移し、高い税金を免れようとする行為自体は違法ではない。しかし倫理的な姿勢を問われることになり、また闇社会の資金洗浄(マネーロンダリング)の温床にもなると批判されてきた。, 「パナマ文書」を暴露したGaliziaさんは、マルタ共和国のJoseph Muscat首相の妻らがパナマに会社を置き、アゼルバイジャン首脳に近い銀行から受け取った大金を隠していたとする疑惑を報道したとされている。, 彼女はその後も不正や腐敗を暴くブロガーとして活躍。しばしば、マルタ中の新聞を合わせたよりも多くの読者を獲得してきたとか。, また最近ではMuscat総理大臣や2人の側近らが関与しているとみられる、税金逃れの口座についても調査していたと言われている。, 地元メディアによれば、Galiziaさんは事件の15日前に、死の脅迫を受けたとして警察に訴えていたという。, 一方、総理大臣のMuscat氏は声明において「皆、Galizia氏が政治的または個人的にも、私に対して厳しい批判者だったことを知っている。しかしどのような形であれ、誰もこのような野蛮な行為を正当化することはできない」と語ったそうだ。, またこの事件を受け、他の国々に対しても警察による調査を支援するよう要請したことも明らかにした。, Marie-Louise Coleiro Preca大統領も残虐な事件によって国中に衝撃が広がる中で、国民に対し「安易に判断するのではなく、団結する姿勢を示すよう」求めたそうだ。(了), 出典元:METRO:Panama Papers journalist killed by car bomb outside her home(10/16). (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright © 2020 政治知新. マルタの著名ジャーナリストで、「パナマ文書」報道にも関わっていたダフネ・カルアナガリチアさん。10月16日に、暗殺と見られる車の爆発事故で亡くなりましたが、ダフネさんとはどんな方なのでしょうか。プロフィールや画像をまとめました。 All Rights Reserved. パナマ文書暴露事件で、マルタ政府首相夫人や閣僚がパナマに隠し口座を所有する疑惑を調査報道したジャーナリストのダフネ・カルーアナ・ガリジア氏が乗った乗用車が自宅付近で爆発し、死亡。 これは、ゆるがせにできない事態である。 icij(国際調査報道ジャーナリスト連合)による「パナマ文書」データベースの公開が日本時間5月10日午前3時に迫るなか、iwjでは独自に取材を敢行し、創価学会による租税回避の疑惑を追った。 欧州連合(EU)に加盟する地中海の島国マルタからの報道によると、同国で16日、政治家の腐敗告発で知られ、租税回避地をめぐる「パナマ文書」報道に加わった女性の調査報道ジャーナリスト、カルアナ・ガリチアさん(53)が車を運転中に爆弾が爆発、ガリチアさんは即死した。ムスカット首相は「我々の民主主義にとって暗い日となった」と述べ、徹底的な捜査を約束した。, ガリチアさんは中米パナマの法律事務所から流出したパナマ文書をもとに、ムスカット首相の妻らがパナマに会社を置き、アゼルバイジャン首脳に近い銀行から受け取った大金を隠していたとする疑惑を報道。ムスカット氏が潔白を主張して今年6月、前倒し総選挙に踏み切った経緯がある。, 16日夕、ガリチアさんが車で自宅を出発した直後に爆弾が爆発。車は近くの畑まで吹き飛ばされたという。, ガリチアさんは複数のメディアで与野党を問わず政治家の腐敗を追及してきた。AP通信によると、ブログで疑惑を報道した野党政治家に名誉毀損(きそん)で訴訟を起こされた。(ウィーン=喜田尚)http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/16/panama-paper-malta-car-accident_a_23245454/, (続き)パナマ文書暴露事件でマルタ政府関係者らの隠し口座について報じたジャーナリストが乗る乗用車が爆発、ジャーナリストは暗殺されたとの報道。 https://t.co/F10LH1iEKC, パナマ文書暴露事件で、マルタ政府首相夫人や閣僚がパナマに隠し口座を所有する疑惑を調査報道したジャーナリストのダフネ・カルーアナ・ガリジア氏が乗った乗用車が自宅付近で爆発し、死亡。ダフネ氏は2週前に脅迫を受けていると警察に届け出ていた。マルタ司法当局は暗殺事件として捜査を開始。, パナマ文書を取材した女性記者が爆殺されるって(汗)まぁ、世界の権力者、富豪、金持ちの裏事情を暴いたらこういう結果になるよな(汗) 勇気ある取材をありがとう。 #パナマ文書, 【「パナマ文書」報道の女性記者が爆弾で殺害 マルタ】カルアナガリチアさんは「パナマ文書」の調査報道に加わり、マルタのムスカット首相の妻が、中米パナマに会社を置いて資産を隠していたとする疑惑を報じていました。https://t.co/Pb2L3YhagI. 日本ではあまり報道されていないパナマ文書。流出したパナマ文書のリストには日本人や日系企業などの個人名も記載されているといいます。 決して報道には挙がらないパナマ文書から浮かび上がる日本人や企業リストが日本人に及ぼす影響について分かりやすくまとめました。 地中海のマルタ共和国で10月16日、パナマ文書をもとに政府を追及していた女性ジャーナリスト、ダフネ・カルアナ・ガリチアさん(53)さんが自動車に仕掛けられた爆弾で 殺害された 。 2016年4月。中米・パナマの法律事務所から流出した、機密資料の分析結果が報道された。史上最大のリークと呼ばれる「パナマ文書」だ。NHKはパナマ文書を分析する国際的な調査報道プロジェクトに参加。新たな事実がいくつも浮かび上がってきた。 「パナマ文書」の中身は、中米・パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」が設立を手がけたペーパーカンパニーなど、21万社分のデータだ。設立を依頼した顧客の書類やメ… 同時に、各国の最高権力者による秘められた“錬金術”に、ジャーナリストたちがどのように連携し、迫っていったのか、ICIJを取材。世界に衝撃を与えたパナマ文書報道の舞台裏の一部始終を明らかにする。 報道によると、死亡したダフネ・カルアナガリチア氏(53)は、世界各国の政治指導者によるタックスヘイブン(租税回避地)の利用実態を暴いた「パナマ文書」の報道に携わり、マルタのムスカット首相の妻らがパナマに会社を置いてアゼルバイジャンの銀行関係者から大金を受け取ったとの疑惑を追及していた。� 死亡したのはダフネ・カルアナガリチアさん(53)。 調査報道ジャーナリストとして有名で、政治家の腐敗や汚職を厳しく指摘してきた。 政治知新では、政治ニュースをメインにマスメディアでは報道されない様なニュースを中心に配信しています。. 2017年10月16日、地中海に位置する島国のマルタ共和国で、パナマ文書の報道に参加した女性ジャーナリストが車を運転中に、爆弾の爆発により死亡しました。 パナマ文書(パナマぶんしょ、英語: Panama Papers )とは、パナマの法律事務所、モサック・フォンセカ( Mossack Fonseca )によって作成された、租税回避行為に関する一連の機密文書である。. 昨年、公表され世界に衝撃を与えた「パナマ文書」。 この暴露に携わったジャーナリストの1人が爆殺された。 自宅を出発した直後に爆発 死亡したジャーナリストとは、イギリス連邦のマルタ共和国で活動していた、Daphne Caruana Galiziaさん(53)。 世界で最も裕福な人々は、どのようにして課税逃れをしているのだろうか。国際調査報道ジャーナリスト連合(icij)と南ドイツ新聞は昨日、「パナマ文書」の検索可能なデ…(2016年5月10日 18時23分14秒)

チケットレンジャー 新幹線 買取, 四柱推命 二人の相性 無料, まめ きち まめ こ ミスドxperia 10 Ii 文字入力 切り替え できない, ウミネコ 鳴き声 フリー, Pixiv イラストコンテスト 結果, 八尾市 工場 一覧, おもてなし 簡単 ランチ レシピ, 河原町 ランチ おばんざい, 住宅ローン 固定金利 20年, キリンレモン 歌詞 昔, あつ森 ポケ森 キャンペーン いつまで, あつ森 楽譜 ドレミ, 数学者 名言 フェルマー, ハピ 森 やり直し, マクロス 永遠の ラブソング,